ダイエット方法の歴史的研究

ダイエットの必要あり

 ダイエット方法を研究する分野には様々な物があり、例えば、西洋的な栄養学とか、東洋的な栄養学からの研究、あるいは行動心理学や身体学、これらに付随してメンタルに関する研究もあります。さらに各種セラピーやスピリチャル分野を考え合わせると多岐にわたります。

痩せる必要があるでしょう?

 その証拠として、グーグルなどの検索エンジンでダイエット、と入力すれば100万件以上の情報があると表示されます。となると、どのダイエット方法を選べば良いのか迷う原因になりますし、どのサイトを見ればよいのか迷うものです。

 これらの事例から推測も出来ますが、ダイエットに関する様々な研究の過程で、

  1. 確実に痩せられるダイエット方法
  2. 健康なダイエットのためにいちばん重要なポイント
  3. ダイエットに成功する人の共通点
  4. ダイエットができる人とできない人の根本的な違い
  5. ダイエット後リバウンドが少ない方法
  6. 生涯ずっとスリムでいるコツ

 などが明らかになりつつあります。これらは、パラドックス的な考えですが、ダイエットとは反比例の関係にある、食事に関する行動に注ぐエネルギーを、クールダウンさせる事だと言われています。その良い例として記録式ダイエットが有効だとも言われています。

ダイエットは本人の意思も重要?

猫のようなスマートになりたい?

 だからと言って、深夜にお腹が空いたからちょっとラーメン……我慢するか!! などといった行動とは、少し違います。とりあえず、あなたがすべきことはキツキツのカロリー計算をする事だとも言われています。

 その理由として厳密なカロリー計算をすることにより、かえって食物の事でお頭がいっぱいになるという現象です。幼い頃を思い出してください、夢中になって遊んでいると、母親がよって来て「ご飯ができたよ」と声を掛けられても、遊びのほうが優先だったでしょう。

 支離滅裂な話になりましたが、要するに何かに夢中になっている状態を大人になっても作り出せると、痩せることは可能だと説明しているのです。その証拠に、夢中になれる趣味を持つ人は多くの場合、スリムな方が多いようです。

ダイエットの基礎知識&うわさ話

学資保険…学資保険(こども保険)の説明や選び方を分りやすく解説  FP3級 独学対策問題集…FP3級試験対策用の問題集&用語集  不動産売却‐一代  仲介手数料‐大阪 

―― END of This page.And Copyright Takumushobou. Since 2004 All Rights Reserved――

拓夢書房・ロゴ画像
ダイエットのイメージ画像