コーヒーメーカー購入に際して

コーヒーメーカー・購入に際して、2つの条件を設けていました。1つ目はサーモス・コーヒーメーカーのようにコーヒーサーバーが魔法瓶のようになっていて、過熱式の保温でないことでした。これは僕自身のこれまでの経験からで、以前に営業所長をしていた時に、有志を募ってコーヒーメーカーを導入した時のものが過熱式のコーヒーメーカーでした。

また、前職の旅行会社でもコーヒーメーカーが設置されていて、これも同じく過熱式のコーヒーメーカーでした。この2度ともに淹れたての時はいいのですが、少し時間が経つとすぐに煮詰まってしまい、まずくて飲めないくらいになってしまっていました。

せっかく美味しいコーヒーを飲むために購入するのに、不味くて飲めないようなことがあっては何の為に買ったのかわからなくなるので、まず第一の条件として魔法瓶のようになったコーヒーサーバーであることを挙げました。2つ目はコーヒーミルを別に買うか、ミル付コーヒーメーカーを買うかというようにコーヒーを淹れる時にコーヒー豆を挽くようにするということでした。

これまでの経験からコーヒー豆を挽いた状態で買ってくるとあっという間に酸化してしまいます。これも煮詰まったコーヒーと同じように飲めない代物になってしまいます。このような条件でどのコーヒーメーカーを買おうかと検討を始めました。

おすすめ・コーヒーメーカーの人気ランキングを参考にしたり、友人から話を聞いたりしながらいろいろと考えていたところ、今回は僕が美味しいコーヒーを飲みたいがために考え始めた計画で、妻にはまだ何も話していなかったことに気がつきました。

そして、妻に相談してみると「コーヒーメーカーを買うのは別に構わないけど、コーヒーミルとコーヒーメーカーのように2つもモノが増えるのはダメ。置くところがない。片付かない。」との答え。女性は言い始めるともう他の選択肢がなくなってしまうので、買ってから事後報告にすればよかったと思いました(笑)。

しかし、すでに後の祭り。コーヒーミルとコーヒーメーカーを買うことが出来なくなってしまいました。必然的にミル付コーヒーメーカーの中で決めなくてはいけなくなり、ツインバード・コーヒーメーカーのミル付のものに決めました。理由はアマゾンカスタマーレビューでの評判が良かったことと、値段が安かったことです。

アマゾンで買うと定価よりもかなり安くなっているものが多いのですが、何故なんでしょうね。せっかく安い買い物ができたので、これは妻に無断でブリタ・浄水器も購入。

水も美味しくしたこともあってかツインバードのコーヒーメーカーは非常に美味しいコーヒーが飲めています。ちなみにブリタの浄水器を無断で、お金は僕が払いましたが、買ったことが気に入らないのかして妻はこの浄水器を全く使いません(笑)。

―― END of This page.And Copyright Takumushobou. Since 2004 All Rights Reserved――

拓夢書房・ロゴ画像
ダイエットのイメージ画像